FC2ブログ

心に突き刺さる名言

このブログをご観覧頂き有難う御座います。このブログの管理人トントンが名言を解説していきます。何か1つでもあなたの心に残ればいいなと思います。

 

ワンピース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死とは何かを訴える名言

人はいつ死ぬと思う?
心臓をピストルで打ち抜かれた時。違う!
不治の病に冒された時。違う!!
猛毒キノコスープを飲んだ時。違う!!!
人に・・・忘れられた時さ!!!!



byDr.ヒルルク



Dr.ヒルルクはチョッパーのメンター(師匠)ですね。

メンターってのはその人から技術を学ぶって言うより、
マインド(精神)を学ぶって人ですね。

この名言は彼が亡くなる時に言った名言なのですが、
「俺は人の心の中で生き続ける」というふうにも聞こえます。

本当に人から忘れられた人っていうのは本当に死んでいるのに等しく、
この世から、いないも同然なんです。

例え肉体が朽ち果てようが、誰か1人でも忘れなければ、
その人は誰かの心の中で生き続ける。

それは、人に何かしらの影響を与えてきたから、
つまり、Dr.ヒルルクの精神はチョッパーの精神で
あり続けるという事です。

先代からの教えを守っているという老舗がありますよね。

先代の人の肉体は朽ち果てても、
その人の精神は残っている。
生きてきると言う事です。

自分の精神を人に宿すというのは、
自分の信念を貫き通した人だけが出来る事。

あなたは生きていますか?

何か1つでも、これだけは譲れないと言うものって
もったほうがいいと思うんですよ。

その精神は誰かの心の中で生き続けて、
自分が生きている(生きていた)証となるのだから。

この世に生まれて来た事に誇りを持とう!!
スポンサーサイト

テーマ : 哲学/倫理学
ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。